ネットマナー広場の雑記


記事の内容
*前へ | 次へ#

異論にアレルギーを持つ人が多いような
2017/11/20 02:53

異論に触れることが減ってきたからか、異論にアレルギーを持つ人が多くなっているような気がします。
異論に耳を傾けて理解することを忘れると、あまり良くないような。
.
*** 自分と同じ考えばかり ***

ネットの世界が変わってきて、SNSやら何やらで、自分と同じ意見ばかりに触れやすくなっています。
自分と同じ意見ばかりに触れていれば気持ちいいですよね。
肯定的な意見ばかりの中でなら嫌な気分になりません。
ときに、同じ考えの人ばかりのムラの中で、違う考えの人の悪口を言って連帯感を高めたりとか。
異論に触れないのですから、自分たちこそが正義っていう自信を深めて万能感を得られもします。
まあ、楽しいのでしょうね。

ただ、自分と違う意見を理解しなくて良いのでしょうか?
異論を深く理解せずに自信を持つって、それ、根拠のない自信なのでは?


*** 異論を理解してこそ ***

異論があるのなら、その異論には大なり小なり理由があるでしょう。
その理由を理解しないまま自分の意見に自信を持つっていうのは、ちょっとどうなんでしょうか。
自分の意見の裏側にあるものに目を向けて冷静に考えてみないと。
異論こそ自分の考えをより深める助けになるのですから。

異論に触れなければ、今の自分の意見が正しいんだと信じ込んだままです。
それはただの妄信。
異論を理解して冷静に考察して、その上で自信を深めていけば良いじゃないですか。
ときには意見を修正しても良いでしょう。
より良い意見を取り入れることは負けではありません。良いとこ取りであり進歩です。

なお、理解することと同意することは違いますよ。
同意できなくても、理解して参考にすれば良いだけです。


*** 異論への耐性? ***

なんか異論を言われるとアレルギー反応が出る人が多いような。
激高したりレッテル貼りをしたりと、どうも冷静に異論を聞けないのですね。

国のトップでさえ、異論を言う人を指差して「こんな人たち」呼ばわりしてしまうわけですよ。
若い人もそうでない人も、異論に対する耐性が弱くなっているように思います。
異論を取り入れようとする習慣がないから異論に触れるとムッとしてしまうのかなと。
普段から異論を理解する習慣があれば、異論はいつものことなので、ムッとしにくいかと。

異論に耳を傾けないと妄信に突き進んで、やがて暴走につながったりします。
自分の幅を広げるためのヒントと考え、異論を積極的に理解した方が良いでしょう。
せっかくのヒントを利用しないなんて、もったいないことですよ。


*** ネットマナー? ***

私の場合は、ネットマナーを調べる関係上、異論に触れて理解する努力をしてきました。
自分と違う意見を求めてネットの色々な場所を探し回ったりとか。
多くのネットマナーサイトを見て、「それは違うよなぁ」とか思うサイトも多々見てきました。
まあ、どんな意見も参考にはなっています。
妙な説にだって、その説に至るまでの経緯や理由があるのですから。

ネットマナーって、相反する立場の利害のぶつかり合いな場合が多々あるのですよ。
一方の意見ばかりに触れて異論を知らなければ本質が見えてきません。
ネットマナーは他人への配慮です。
自分を押し通すだけではなく他人の考えを知らないと、本当の意味では理解できません。

そういう点では、私は比較的「まとも」なネットマナーを発信してこれたかなと思っています。
完璧とは思いませんので、まだまだ精進しますけれど。


*** なんか怖いかも ***

で。
異論に耳を傾けない人が増えるってことは、他人に配慮できない人が増えるってこと?
そうしたらどんな社会になるのでしょうね。
あまり良い未来につながっているようには思えません。

どうにか良い方向に向かえば良いのですけどね。
私も何かできれば良いですが、ほぼ無力です。
異論に耳を傾けようとか何度も書いてきましたが、それで社会が変わるわけはありません。
それでも、少しでも意味があるのなら…。

*前へ | 次へ#

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン

絵板のマナー講座 / ふりがな
毒吐きネットマナーPlus / ふりがな
絵板のマナー講座の別館


Powered By FC2ブログ