絵板のマナー講座

絵板のマナー講座


Lc.ツリーカテゴリー

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

お勧めマナーサイト

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


Lc.探しタグクラウド


FC2カウンター
(2006.06.27~)

RSSフィード

Lc.ツリーリンク

ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記
思ったことを、なんとなく。記事の移転などありうるのでご注意を。 (by ルード@管理人)


許せない意見もあるでしょうけど。 【2011/01/11】 その他マナー 他のマナー?
ネットを見ていると、許せない意見ってのもあると思います。
でも自分にとって許せない意見でも、何らかの形で参考にすることはできるでしょう。

.
*** 存在は事実だから ***

自分にとって許せない意見ってのもあるでしょう。
一般的には認められないような意見もあるかも知れません。
でも、そういう意見を持つ人がいることは事実ですから、その事実は認めましょう。
その事実を認識した上で対策を考えないとね。

ヒステリックに否定を叫んでもきっと解決には至りません。
相手が一方的に間違っているという前提で頭ごなしに責めても、反発を招くだけです。
トラブルを作るだけで、解決には至りにくいでしょう。
相手だって自分が正しいと信じているんでしょうから。

モラルに反しようが何だろうが、異論が存在することは事実です。
そこは否定できませんし、犯罪性がなければ封殺もできないでしょうね。


*** 是認じゃないよ ***

異論が存在するという事実を認めようと言っているだけなので誤解なきように。
異論を是認せよとか同意せよとか言う気はありませんよ。
自分の考えを曲げる必要はないんです。

異論が存在するという事実は事実なんだから、その前提に立とうということです。
色々な考えの人がいるのは当然のことです。
全員が画一的な考えで統一されていたら、それは民主主義の社会ではないんでしょうね。


*** 理由があるでしょう ***

異論があるってことは異論の存在理由もあるんです。
存在理由を冷静に考えてみれば、自分の信じる考えもより明確に見えてくるでしょう。
「自分の考えが正しく他人が間違っている」ではなく、もうちょっと考えてみましょうよ。

もしかしたら、自分が間違っている可能性だってあるかも知れません。
「そんなわけない」って思うでしょうけど、その固定観念が弊害になることもあるんです。

世間的に正しいと考えられていることも、本当に正しいのやら。
正しいとされている理由にきっと合理性はあるんでしょうね。
でも、異論のことも理解しないと、異論に対して何も言えなくなりがちです。
「正しいものは正しいもんっ!」では説得力がないですね。
異論の理由を冷静に検証することは、自分の信じる意見を補強することにもなるんですよ。


*** 対策の元にも ***

それに、異論を知れば対策を立てることができます。
ネット上に異論が公開されていれば、それを研究して対策を練ることができるんです。
相手を知らなければ作戦も何もありません。
相手が手の内をさらしているのなら、参考にしない手はありませんよ。
関連記事

| Trackback(0) | Comment(0)
この記事に対するコメント(承認後に表示ですが、あまり承認しません)

この記事に対するコメントの投稿(承認後に表示ですが、あまり承認しません)







 ・承認済みのコメントのみ表示されます。
 ・資料目的のブログなので、承認率は相当低いです。
 ・返答率も低いですよ。
 ・たまに整理で消すことも・・・。






管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック(承認後に表示ですが、ほとんど承認しません)
トラックバックURL
http://lctree3.blog39.fc2.com/tb.php/1213-13eca83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
承認率は非常に低いですし、たまに削除もします。ご容赦ください。