絵板のマナー講座

絵板のマナー講座


Lc.ツリーカテゴリー

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

お勧めマナーサイト

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


Lc.探しタグクラウド


FC2カウンター
(2006.06.27~)

RSSフィード

Lc.ツリーリンク

ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記
思ったことを、なんとなく。記事の移転などありうるのでご注意を。 (by ルード@管理人)


今になって言及されるのですね 【2016/12/31】 .雑記など なんとなく雑記
なんとなく毒吐きネットマナーについて検索していたら、毒吐きネットマナーPlusについての記述を発見。
http://dic.pixiv.net/a/ネットマナー と http://dic.pixiv.net/a/毒吐きネットマナー です。

.
*** 今ですか ***

最近追加された記述のようです。
毒吐きネットマナーが消滅してから10年経った今でも言及されるのですね。

毒吐きネットマナーは過去になりましたが、当時を知る人の記憶からは消えにくいでしょうね。
10年経っても記憶から消えないくらいに強烈だったのですよ。
ネットに良い影響も悪い影響も与えてきて、今でも影響が残っているくらいです。
過去なのに現在に爪痕を残しています。

一方の毒吐きネットマナーPlusは、どうなのでしょうね。
毒吐きネットマナーを振り返ったり解毒したりするサイトとして扱われることもあります。
純粋にネットマナーのサイトとして扱われることもあります。
いずれにせよ、今もニーズはあるようです。


*** ピクシブ百科事典か ***

今回のは、ピクシブ百科事典ですね。
ニコニコ大百科の記事とは、似ていますが傾向が若干違っています。
内容を見る限り、違う方が書いたっぽいですね。

毒吐きネットマナーについての認識は毒吐きネットマナーPlusと同じっぽいです。
「実はマナーサイトとは違う趣旨のサイトなんだよ」ですね。
ありがちな毒吐きネットマナー全否定ではなく「そもそも違う趣旨だよ」なのは立派です。
感情的にならず中立に書いてあるということでしょう。


*** 意図がありそう ***

まずこちらでの言及を見て思ったことを。
http://dic.pixiv.net/a/ネットマナー

参考サイトとして毒吐きネットマナーPlusを紹介していることには、意図があるのでしょうね。
詳細のページを合わせて見ると、毒吐きネットマナーが残した悪影響の除去も意図しているような。
「あれはネットマナーとは違うよ」と知らせて毒吐きネットマナー中毒を解毒する感じっぽいです。
毒吐きネットマナーPlusの特徴を理解した上で使っているのでしょう。上手な使い方です。
マナー向上やトラブル防止にもつながるでしょう。


毒吐きネットマナーPlusが毒吐きネットマナーのミラーサイト扱いなんですね。
私の認識としては派生サイトでありミラーサイトではないのですけど、捉え方は人それぞれですかね。
本家にない記述が大量に加わっているので、私はミラーサイトではないと思っています。
あんなに別の物が映る鏡って、もはや鏡じゃないでしょう。

ただ、本家の全文を掲載しているという意味では、どこよりも正確な鏡と言えなくもありません。
どこのミラーサイトも全文を掲載できてないんですよね…。


あと「マナーサイトと謳われているが、実態は大きく異なる。」って、何についての説明でしょうね。
毒吐きネットマナーPlusの説明として書かれているけれど、毒吐きネットマナーの説明なのかも。
私の認識としては、毒吐きネットマナーPlusは名実ともにマナーサイトなのですよ。
ただ、複数の意見を併記することでネットマナーを考えるきっかけを作る方向性なので異質です。
普通のマナーサイトは正解(らしきもの)を一方的に提示して終わりですからね。



*** 解説と解毒 ***

で、毒吐きネットマナーについての記事ですが。
http://dic.pixiv.net/a/毒吐きネットマナー

感情を抑えて、努めて中立に冷静に書かれている印象です。
毒吐きネットマナーの悪影響に対して問題意識があり、良い方向に持っていこうとしているような。
その中で毒吐きネットマナーPlusの要素を解毒に使っているような。

「非常に」や「極めて」など強調表現の傾向を見ると、毒吐きネットマナーに良い印象は持ってなさそう。
でも「違う趣旨のサイトだけど趣旨を理解して読めば参考になるよ」という穏やかな方向性ですね。

ネットマナーの根幹を分かっている人が書いているんだろうなと思います。
中途半端に分かっている人が書くと、毒吐きネットマナーを全否定しがちなんですよ。
違う意見を持っている人に全否定を浴びせても反感が生まれるばかりです。


現状、毒吐きネットマナーPlusが「問題の多いサイト」みたいな記述になってますね。
毒吐きネットマナーのことを言っているような気もしますが、どちらかはちょっと分からないです。
毒吐きネットマナーPlusをどういうサイトと認識するかは人によって差がありますからね…。
というか、毒吐きネットマナーPlusの説明が途中から毒吐きネットマナーの説明になっているのかも。



*** 親和性が高いかなと ***

困ったさんに関する記事でも毒吐きネットマナーPlusを引用して利用しているようで。
まあ、使いやすいんでしょうね。
毒吐きネットマナーPlusで私が書いたコメントは、無駄な労力やストレスを回避するための現実主義。
そういうところがpixivに合っているのでしょう。

またpixivには、毒吐きネットマナーに影響された人も少なからずお越しになるでしょうね。
そこに毒吐きネットマナーPlusってのは、馴染みやすいし意義もあるのでしょう。

同人系といえば毒吐きネットマナーが定番(?)みたいな時代もありました。
そういう意味でも、pixivで毒吐きネットマナーPlusが出されるのは自然なのかも知れません。


*** 大きな意義 ***

今回のページには毒吐きネットマナーが生んだ中毒者を解毒する効果があるのでしょう。
しかも多くの方々の目に触れる場所ですからね。大きな意義があるでしょう。

10年以上、そういう役割を直接担えるサイトはほぼ毒吐きネットマナーPlusだけだったような。
そんな寂しい状況がやっと終わり、新しい歴史が始まったのかも。
そう考えると、案外大きなニュースなのかも知れません。
関連記事

| Trackback(0) | Comment(0)
この記事に対するコメント(承認後に表示ですが、あまり承認しません)

この記事に対するコメントの投稿(承認後に表示ですが、あまり承認しません)







 ・承認済みのコメントのみ表示されます。
 ・資料目的のブログなので、承認率は相当低いです。
 ・返答率も低いですよ。
 ・たまに整理で消すことも・・・。






管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック(承認後に表示ですが、ほとんど承認しません)
トラックバックURL
http://lctree3.blog39.fc2.com/tb.php/1389-e990d3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
承認率は非常に低いですし、たまに削除もします。ご容赦ください。