絵板のマナー講座

絵板のマナー講座


Lc.ツリーカテゴリー

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

お勧めマナーサイト

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


Lc.探しタグクラウド


FC2カウンター
(2006.06.27~)

RSSフィード

Lc.ツリーリンク

ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記
思ったことを、なんとなく。記事の移転などありうるのでご注意を。 (by ルード@管理人)


「リンクフリー」って言葉・・・。 【2006/08/22】 知識 その他、基礎知識?
「リンクフリー」という言葉は、英語的な意味では「リンク不要」という意味です。
「Link free」なんて書いたら、間違いです。

但し、日本人向けに「リンクフリー」と書くのがOKかNGかは、微妙なところです。
和製英語として日本で定着しているかと言えば、微妙です。

.
*** ○○フリーって ***

「○○フリー」は「○○から開放された」みたいな意味です。
「バリアフリー」という言葉を考えると、分かりますよね。

なので、「リンクフリー」の本来の意味は、「リンクされないよ!」という意味ですね。
日本では、慣用的に「リンク自由」の意味で使われやすいですけどね。


*** 和製英語? ***

「和製英語」って、あまり喜ばしいものではないと思います。
でも、慣用的に通じる言葉なら、使っても支障はないでしょう。

例えば「ホームページ」という言葉は、「Webページ」の意味で使われやすいですね。
でも、外国の人には、違う意味として伝わってしまいます。
特に外国製のソフトウェアでは、「ホームページ」を本来の意味で使う場合も多いわけで。
本来の意味を知らないと、混乱してしまいますね。


*** 「リンクフリー」は定着? ***

「リンクフリー」という言葉は、ほぼ日本語として定着しているような気はします。
でも、まだ完全な定着とまでは言えないかも知れません。

「Link free」って、英語として書くのなら、NGでしょうね。
カタカナで「リンクフリー」なら、使っても支障ないとは思います。
関連記事

| Trackback(0) | Comment(2)
この記事に対するコメント(承認後に表示ですが、あまり承認しません)
 
勉強になりました。
本来、「リンクは自由で」と英語で表すと、
「Free link」 「Link is free」となるのでしょうか。
【2012/10/28 12:32】 URL | 通りすがり [編集]

Re: タイトルなし 
いらっしゃいませ。

> 本来、「リンクは自由で」と英語で表すと、
> 「Free link」 「Link is free」となるのでしょうか。

敢えて書くなら「Please link to this site, as you like」あたりでしょうね。
その「自由」が方法の自由なのか、リンクの是非の自由なのかにもよりますけれど。

「Free link」→「自由リンク」
「Link is free」→「リンクは自由だ」という一般論の主張
【2012/12/29 22:25】 URL | ルード [編集]


この記事に対するコメントの投稿(承認後に表示ですが、あまり承認しません)







 ・承認済みのコメントのみ表示されます。
 ・資料目的のブログなので、承認率は相当低いです。
 ・返答率も低いですよ。
 ・たまに整理で消すことも・・・。






管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック(承認後に表示ですが、ほとんど承認しません)
トラックバックURL
http://lctree3.blog39.fc2.com/tb.php/251-bb0011ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
承認率は非常に低いですし、たまに削除もします。ご容赦ください。