絵板のマナー講座

絵板のマナー講座


Lc.ツリーカテゴリー

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

お勧めマナーサイト

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


Lc.探しタグクラウド


FC2カウンター
(2006.06.27~)

RSSフィード

Lc.ツリーリンク

ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記
思ったことを、なんとなく。記事の移転などありうるのでご注意を。 (by ルード@管理人)


間違った批判をしたら、責任をとりましょう。 【2008/03/03】 その他マナー 他のマナー?
ネット上で他人を批判したけれど、誤解で間違った批判をしていた場合・・・
迅速に明確な謝罪をするのは当然ですし、訂正を徹底する必要もあるでしょう。

.
*** 責任を持ちましょうよ ***

批判って、責任の伴うものだと思いますよ。
言いっ放しで終わりでは、あまりに無責任です。

間違った批判をしてしまったら、やはり誠意ある謝罪をする必要があるでしょう。
そして、他の人が誤解しないように、徹底した訂正(追記?)をする必要があるでしょうね。
その程度の責任も負えないのなら、他人を批判すべきではないと思いますよ。


*** 相手の名誉 ***

批判って、相手の名誉に関わるんですよ。
間違った批判を浴びせたのなら、相手の名誉回復に全力を尽くすのは当然です。
謝罪するだけで済むなんて思う人は、相手の名誉を軽視しているのでしょうね。

もちろん、批判にも意義はあると思いますよ。
でも、批判をするのなら、批判に対して責任は持ちましょう。
「当て逃げ」で済ませるのって、責任ある態度ではないです。


*** 相手の反論には ***

批判して、相手から反論が来た場合、回答は返すべきでしょうね。
こちらから投げつけておいて、向こうからのものは無視・・・それはあまりに不誠実です。

自分から投げたのでしょう?
投げ返されたものに対しては、誠実に回答を返すべきですよ。
自分が正しいと思うのなら冷静に根拠を示せば良いし、相手に理があるなら明確に認めましょう。

なお、自分に都合の良い回答だけに回答するのは、不誠実の極みですよ。
視野が狭いと言うか、精神年齢が低いのでしょうね。


*** 誤解の防止 ***

で、ネット上で批判をすると、記録が残りますよね。
記事でも、掲示板のコメントでも、他人に閲覧されうる場所に残るでしょう。
そこを見た人が、間違った批判を信じてしまったら・・・とか、考えられますよね?

批判を行うのなら、その程度のことは考慮すべきでしょう。
自分の書いた批判が間違っていたら、誤解を防ぐために最大限の努力は行いましょう。
全ての場所で、訂正の追記をするくらい、できますよね。
その程度の手間を惜しむのなら、批判なんてすべきじゃないですよ。


*** 批判がNG、ではなく ***

批判がNG、と言っているわけではありませんよ。
批判をするのなら、責任を持ちましょうと言っているだけですよ。

責任を持つということは、ときに手間のかかることです。
それでも、相手の名誉を傷つける行為をするのなら、責任を持つのは当然のことです。
無責任な批判者は、深刻な「困ったさん」で・・・「荒らし」に近いかも知れません。


*** もちろん ***

もちろん、批判するのなら、事前に裏づけは徹底すべきですよ。
その程度のことができないのなら、批判なんて、すべきではないでしょうね。
事実誤認で批判するなんて、迷惑行為以外の何物でもありません。
事実確認せず誤解で批判って・・・限りなく中傷に近いと思いますよ。




*** 反論頼みの考えはどうかと ***

「間違った批判にはどこかに反論もあり、善悪は見た人が判断できる」という見方もあるでしょうね。
でも、世の中、リテラシーの高い人ばかりではないし、時間のあり余る人ばかりでもありません。
その場で間違いと分かりやすくしないと、間違いに気づかない人、少なくないでしょう。

批判された人が、批判された全ての場所に反論を書けば良い・・・って、それも違うでしょう。
間違われた被害者に、そこまで求めるのも、どうかと。
批判する人が暇でも、批判される人が暇とは限りません。


*** 法人でも同じかと ***

この記事を書き始めたときは、個人対個人に限定して書こうと思っていました。
でも、法人などの組織に対してなら間違った批判でもOK・・・とは考えづらく、限定を外しています。
個人を想定した書き方をしていますが、限定は意図的に避けています。


*** 公開を想定しています ***

この記事は、ネット上の、公開の場での批判を想定して書いてあります。
例えば、メールで当人だけに送る場合については、ちょっと該当しない部分があります。
読めば分かると思いますが、念のため。


*** 繰り返しますが ***

繰り返しますが、私は批判をするなと言っているわけではありません。
批判の有用性を否定する気もありません。
批判するのなら責任ある誠実な態度で、と言っているだけですよ。


*** こんな記事も ***

http://lctree3.blog39.fc2.com/blog-entry-504.html
http://lctree3.blog39.fc2.com/blog-entry-495.html
http://lctree3.blog39.fc2.com/blog-entry-279.html
関連記事

| Trackback(0) | Comment(0)
この記事に対するコメント(承認後に表示ですが、あまり承認しません)

この記事に対するコメントの投稿(承認後に表示ですが、あまり承認しません)







 ・承認済みのコメントのみ表示されます。
 ・資料目的のブログなので、承認率は相当低いです。
 ・返答率も低いですよ。
 ・たまに整理で消すことも・・・。






管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック(承認後に表示ですが、ほとんど承認しません)
トラックバックURL
http://lctree3.blog39.fc2.com/tb.php/691-cd9b60a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
承認率は非常に低いですし、たまに削除もします。ご容赦ください。