絵板のマナー講座

絵板のマナー講座


Lc.ツリーカテゴリー

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

お勧めマナーサイト

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


Lc.探しタグクラウド


FC2カウンター
(2006.06.27~)

RSSフィード

Lc.ツリーリンク

ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記
思ったことを、なんとなく。記事の移転などありうるのでご注意を。 (by ルード@管理人)


スポンサーサイト 【--/--/--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットマナーと文章指南が混同されて? 【2008/05/24】 その他マナー マナーとは?
ごく一部のネットマナー解説サイトでは、小説とかの文章の書き方指南があったりします。
ネットマナーとして書かれていますが、ネットマナーとは別物だろうな、と思います。

.
*** 分類が違うような ***

他人に対して投げるコメントの書き方なら、ネットマナーなんでしょうね。
でも、小説とかの文体をネットマナーとして語るのは、何か違う感じがします。

文章術の指南は有益なんですが、ネットマナーに分類するのは、ちょっと間違っている気がします。
ネットマナーとして定義することではないでしょう。
小説を書く技術の未熟さは、マナー違反とは全く別の問題です。


*** コメントとは違うので ***

コメントは他人に投げるので、文体や内容をネットマナーとして語られるのは自然です。
受け取る側の人に、投げてしまうのですからね。

でも、小説とかは、違うんですよ。
ぱっと見て好みに合わなければ、無理して読まなくても良いものですよ。

基本的には、小説とかの文体や内容は、マナーとして規定するようなものではないです。
他人を攻撃するなどは論外ですが、常識的に書く分にはマナー違反ではないかと。
誰かに押し付ける文章ではなく、好みに合う人だけが読めば良い文章ですからね。



*** 好む人が読めば良いので ***

特定の対象に押し付けるわけでもない小説は、読むのも読まないのも自由です。
万人向けではなく、好みに合う一部の人のために書かれても良いでしょう。
お金を払って読む作品ならともかく、無料で公開されている作品なら、なおさらです。

全ての人の好みに合う文章である必要は、ないでしょう。
気に入らない人がいても、気に入る人もいるでしょうから。

好みに合わない人は、読まなければ良いだけで、文句を言う必要はありません。
その文章を好む人もみえるでしょうからね。
好みは人それぞれです。


*** 個性で良いかと ***

マナーは、他人に不快感を与えないためのものですね。
そういう意味では、小説とかの書き方も、マナーに含まれる・・・・・・とは思えません。
好みに合わないと分かった瞬間に、読まないという選択のできる文章ですからね。

好む人は読み、好まない人は他へ。
そうやって、皆さんが好みに合う作品に会えば良いのですよ。
好みは人それぞれですから、画一的でなく、色々な文章が存在すれば良いでしょう。
ネットマナーとして縛りをかけるのは、多様な表現の可能性を奪うような。


*** 価値はあるのですけどね ***

もちろん、文章の指南は、価値のあることです。
ただ、ネットマナーと定義して語るのは、違うように思えるのですよ。
下手な文章を書いて公開しても、それはマナー違反とは違うでしょう。
ネットマナーではなく、別の問題ですよ。
関連記事

| Trackback(0) | Comment(0)
この記事に対するコメント(承認後に表示ですが、あまり承認しません)

この記事に対するコメントの投稿(承認後に表示ですが、あまり承認しません)







 ・承認済みのコメントのみ表示されます。
 ・資料目的のブログなので、承認率は相当低いです。
 ・返答率も低いですよ。
 ・たまに整理で消すことも・・・。






管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック(承認後に表示ですが、ほとんど承認しません)
トラックバックURL
http://lctree3.blog39.fc2.com/tb.php/743-2ffefe8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
承認率は非常に低いですし、たまに削除もします。ご容赦ください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。