絵板のマナー講座

絵板のマナー講座


Lc.ツリーカテゴリー

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

お勧めマナーサイト

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


Lc.探しタグクラウド


FC2カウンター
(2006.06.27~)

RSSフィード

Lc.ツリーリンク

ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記
思ったことを、なんとなく。記事の移転などありうるのでご注意を。 (by ルード@管理人)


創始者を崇める気はないです。 【2006/01/06】 .雑記など なんとなく雑記
私は、WWW上のリンクは自由なものだと考えています。

そう主張する人には、WWWの創始者の名をやたら出して「その意を尊重せよ」と言う人が多いです。
私、違います。その種の信者じゃないです(笑)

.
*** 未熟な段階は過ぎたはず ***

創始者は創始者。敬意はありますよ。
でも、創始者の思いと違う方向に発展しても良いと思いますよ。
むしろ、創始者の意図に縛られて、発展を阻害する可能性が怖いです。
WWWは既にパブリックなものですよね。創始者が掌握すべき未熟な段階は、過ぎたと思いますよ。


*** 時代の要請に応えるべきでしょう ***

WWWでも何でも、創始者に感謝しながら使う義務はありません。
Linuxだって、創始者に感謝せずに使ってもOKでしょう?
時代の流れで、創始者の想定外の拡張があっても、悪い発展と決め付けるのは良くないでしょう。
創始者は偉大ですけどね、創始者のものではありません。
創始者の手を離れて、時代の要請に合わせて更に発展していくことは、喜ばしいことです。

WWWが創始者の手を離れて、創始者を連想しないくらいにパブリックになっている現状、喜ぶべきだと思いますよ。
創始者の意を尊重するのは自由ですが、それを他人に押し付ける必要はありません。


*** リンクは自由ですね ***

でも、リンクは自由です。
リンクが自由でないというのは、日本の一部のサイトでの風習に過ぎません。
そんなローカルなルールで他のサイトを責めるなんて、良くないですよ。

もちろん、リンク先の管理人と仲良くしたければ、相手の意向を尊重すれば良いです。
リンクについて、「強制」はできないけれど「お願い」はできます。
その「お願い」を聞いてくれるかは、相手の意思でしょうね。


*** リンクの仕方の問題 ***

中傷するようなコメントを付けてのリンクとか・・・
自分のサイトと偽ってのリンクとか・・・
そういうリンクはNGですが、リンク自体の問題ではなく、リンクの仕方の問題です。
関連記事

| Trackback(0) | Comment(0)
この記事に対するコメント(承認後に表示ですが、あまり承認しません)

この記事に対するコメントの投稿(承認後に表示ですが、あまり承認しません)







 ・承認済みのコメントのみ表示されます。
 ・資料目的のブログなので、承認率は相当低いです。
 ・返答率も低いですよ。
 ・たまに整理で消すことも・・・。






管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック(承認後に表示ですが、ほとんど承認しません)
トラックバックURL
http://lctree3.blog39.fc2.com/tb.php/9-efad35e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
承認率は非常に低いですし、たまに削除もします。ご容赦ください。