絵板のマナー講座

絵板のマナー講座


Lc.ツリーカテゴリー

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

お勧めマナーサイト

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


Lc.探しタグクラウド


FC2カウンター
(2006.06.27~)

RSSフィード

Lc.ツリーリンク

ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記 ネットマナー広場の雑記
思ったことを、なんとなく。記事の移転などありうるのでご注意を。 (by ルード@管理人)


スポンサーサイト 【--/--/--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解率で測れないところも? 【2009/08/12】 その他運営の雑記
私はネットマナー検定を公開しましたが、正解率で測れないところもあると思うんですよ。
「この人はこっちを正解としようとしてるんだろうね」と分かった人は、実質的には正解かも。

.
*** 考えは色々 ***

人によって信じるネットマナーは違うわけで、絶対に正しいなんてのは少ないですよ。
だから、暗記科目ではなく「相手に配慮する」ってことが大切なんです。

「この出題者はこっちを正解にしたいんだろ?」と思うなら、相手の意思を汲んでいるということですね。
相手の考えを事前に把握していたのか、空気を読む力が長けているのかは分かりませんけど。
相手の考えに思いを巡らせること自体、マナーは分かっているということでしょう。
相手の意思が分かれば配慮も可能なので、知識を問う検定としてはOKかなとは思います。


*** 譲れない? ***

もしかすると、「出題者的な正解はこっちだけど、俺はこっちだ!」と思うかも知れません。
そこでの対応も、何か重要な意味を持つのかも知れませんね。

「出題者に合わせてあげよう」と思える人は、他人への配慮のできる大人ですね。
自分のこだわりを抑え、自然に相手に合わせる…凄いお方です。
自分の考えをしっかり持った上で「相手に合わせてあげる」って、余裕のある大人の対応です。

「不正解だけどこっちだぜ!」と、わが道を貫く人は、どうなんでしょうね。
何か考えがあってそう回答したのなら、きっと問題ないのでしょうね。
もし相手に合わせることができない性格なだけなら、ネットマナー的に不安かも知れません。
ネットマナーって「譲り合い」みたいなものですから、譲れないのはどうかと。


*** 私の場合? ***

私も昔、どこかのネットマナー診断を受けたときに、同じことがありました。
出題者が正解としたい選択肢は分かるのだけど、「違うだろ」って思ったんですよ。

私は「不正解だけどこっち!」って、自分の信じる選択肢を選んで、不正解を勝ち取りました。
せめてもの意思表示…ほとんど自己満足ですけどね。
プライドとかじゃなくて、ただの穏やかな意思表示です。
「違うマナーを信じる人もいるんですよ」と、清き1票を投じたかったんですよ。



*** 怒りの人は論外? ***

もしかすると、「こんなひどいマナーは論外だ!」と怒り狂う人も、いるのかも知れませんね。
ちょっと良くないかな…と思います。

「そんな考えもあるんだね」と、穏やかに考えれば良いだけでしょう。
異論に対していちいち感情的になって腹を立てるって、周囲にとって迷惑なことですよ。
色々な価値観があることは当然なので、腹を立てることじゃないです。

不本意に不正解とされても、「この人はそう考えるんだねー」と考えれば良いだけです。
単に価値観の違いが出ただけであり、腹を立てるようなことじゃないですよ。


*** ひとつの考え ***

なお、私が作っている検定では、異論への配慮はしてますね。
諸説ありそうなマナーの検定なら、解説に「諸説あるよ」とか書き添えていたような。
「私の考えが正しいから、あなたの考えを改めろ」というスタンスではないです。
同意していただかなくても、ひとつの考えとして理解していただければ良いのですよ。

違う価値観を持った人が互いに配慮するのが大切なことです。
相手の信じる価値観を覆すよりは、違う価値観を理解していただくことが大切だと思っています。
価値観をぶつけて「これが正しいんだ!」と迫っても、反発を招きやすいでしょう。
理解していただければ良い、というスタイルが現実的な最善の策だと思っています。
関連記事

| Trackback(0) | Comment(0)
この記事に対するコメント(承認後に表示ですが、あまり承認しません)

この記事に対するコメントの投稿(承認後に表示ですが、あまり承認しません)







 ・承認済みのコメントのみ表示されます。
 ・資料目的のブログなので、承認率は相当低いです。
 ・返答率も低いですよ。
 ・たまに整理で消すことも・・・。






管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック(承認後に表示ですが、ほとんど承認しません)
トラックバックURL
http://lctree3.blog39.fc2.com/tb.php/978-6c3b4ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
承認率は非常に低いですし、たまに削除もします。ご容赦ください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。